春一会 桜の頃

私のモットー
1.感謝・感動
写真を生業にしているが写真を撮ることに感謝と感動忘れてはイケないと思う。
感謝:目が見え足が動き感動の瞬間に指が動きシャッターを斬る。当たり前が当たり前でない事です。
感動:もっとモットと被写体を求めいつの間にか何気ない風景に感動しない見えるものが見えなくなる「感動貧乏性」にならないことが大切です。
2.ノートリミング
撮影後に後からカットすれば良いと思って撮影すると一写入魂とならないので、ノートリミングで撮影。

写真は自分探しの旅、被写体を通して自分自身が写し出されるの生命哲学の絵 上野紘資

春一会 桜咲く